SpatialChatセキュリティコンプライアンのスロードマップ

SpatialChatのお客様へ、

以下の記事には、セキュリティと弊社よコンプライアンス計画について教えてあげます。

記事の日付(2020年12月21日)の時点で、SpatialChatは世界中で70,000を超えるホストにサービスを提供しています。

  • S&P 500種指数の2つの企業(または、オンボーディングプロセスに他の企業がある)
  • アイビーリーグのほぼ全ての大学を含む米国における108校の大学のスタッフ
  • 日本における190校の大学のスタッフ

ビデオ通信の需要が世界的に拡大して、SpatialChatが「近接ビデオチャット」の事業をリードする会社の1つであるため、従順で安全な企業になるためのロードマップを公開して、透明にして、次の手順を実行することしました。

  • 現在、SpatialChatは匿名のビデオチャットサービスであり、データフローについての記事をご覧下さい。
  • SpatialChatは、SOC 2認証を取得するプロセスを開始しました(セキュリティ会社による監視には通常4から6か月までにかかるために、導入予定日は2021年4月、5月)
  • 2021年の前半に、ユーザーアクセス管理と可用性に関する追加要件があるビジネス顧客向けのSSOとSLAがリリースされる予定です。
  • 米国の教育機関のお客様のために、プロダクトを家族の教育権利とプライバシー法 (FERPA) コンプライアンスに対して透過的にするための追加の作業が実行されます。

セキュリティに関してはご不明な点がございましたら、security@spatial.chat にお問い合わせ下さい。

----

心を込めて、

アルマス・アブルカイロフ

SpatialChatの最高経営責任者

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。