ブラウザのコンソールファイルを作成方法

色々な問題があれば、ブラウザコンソールの出力ファイルをサポートチームに提供すると非常に役立ちます。

コンソールログを取得するには、最も一般的なブラウザで大体同じですが、わずかな差異があるかもしれません。以下の記事では、様々なブラウザで取得する方法を教えてあげます。以下の内容を是非ご確認下さい。

 

エラーが発生したブラウザタブからコンソールログを保存する必要があることにご注意下さい。以下に例としては、[SpatialChat]タブから保存します。

 

ググルクローム

ステップ1:「Developer tools」を開いて下さい。

F12のボタンを押すか、ページでマウスを右クリックして、ドロップダウンオプションから「Inspect」を選択して下さい。

 


ステップ2:「Console tab」にスイッチして下さい。

 


ステップ3:ログを保存して下さい。

  • オプション1:

下記に示すように、コンソールコンテンツの任意の場所を右クリックして、名前を付けて保存するボタンを選択します。

 

 

ファイルを保存して下さい。


  • オプション2:

保存したファイルにデータが表示されないと、コンソールログをコピーして、テキストエディタ(Notepadなど)に貼り付け、テキストファイルとして保存して下さい。


フアイヤーフオツクス

ステップ1:「Web Developer tools」を開いて下さい。

 

ハンバーガーメニューボタン(1)をクリックし、ドロップダウンメニュー(2)から「Web Developer」のオプションを選択します。

 


ステップ2:「Web Console」を開いて下さい。

 

オプションから「Web Console」を選択します。

 

 

Console tabが開きます。

 


ステップ3:ログを保存して下さい。

 

コンソールログのテキストをコピーして、テキストエディタ(Notepadなど)に貼り付け、テキストファイルとして保存して下さい。


インターネットエクスプローラ

 

ステップ1:「Developer tools」を開いて下さい。

 

F12のボタンを押すか、右上隅の歯車アイコンをクリックして、ツール(1)を開き、ドロップダウン(2)から「F12 Developer Tools」オプションを選択します。

 


ステップ2:「Console tab」にスイッチして下さい。

 


ステップ3:ログを保存して下さい。

 

下記に示すように、コンソールコンテンツの任意の場所を右クリックし、「Copy all」を選択します。

 

 

コンソールログのテキストをコピーして、テキストエディタ(Notepadなど)に貼り付け、テキストファイルとして保存して下さい。


マイクロソフトエッジ

 

ステップ1:「Developer tools」を開いて下さい。

 

F12のボタンを押すか、右上隅の設定のボタン(1)をクリックして、「More tools option」(2)を押して、「Developer Tools」(3)オプションを選択します。

 


ステップ2:「Console tab」にスイッチして下さい。

 


ステップ3:ログを保存して下さい。

  • オプション1:

下記に示すように、コンソールコンテンツの任意の場所を右クリックして、名前を付けて保存するボタンを選択します。

 

 

ファイルを保存して下さい。


  • オプション2:

保存したファイルにデータが表示されないと、コンソールログをコピーして、テキストエディタ(Notepadなど)に貼り付け、テキストファイルとして保存して下さい。


サファリ

 

前提条件としては、「Apple Safari Develop menu」を有効にして下さい

 

デフォルトで、Safariの「Develop menu」は無効になっています。有効にするには、Safariメニューを開き、設定のオプションを選択します。

 

 

Advanced tab」にスイッチして下さい。

 

 

Show Develop」メニューにチェックマークを付けます。

 

 

Windowsメニューとブックマークの間に「Develop menu」が表示されていることを確認して下さい。

 

 

設定を閉じて下さい。


ステップ1:「Developer tools」を開いて下さい。

 

Develop menu」 (1) をクリックして、「Show Web Inspector」 (2)のオプションを選択します。

 

 


ステップ2:「Console tab」にスイッチして下さい。

 


ステップ3:ログを保存して下さい。

 

ログを保存する前に、「Preserve Log」(1)にチェックマークを付け、「All」(2)にフィルターを選択したことを確認して、下記に示すように「Clear log」(3)のボタンをクリックします。

 

 

これによりコンソールアクティビティが記録されました。
Cmd + Aのホットボタンを使用して、コンソールでテキストを選択して、コンソールコンテンツの任意の場所を右クリックして、「Copy Selected」を選択します。

 

 

コンソールログのテキストをコピーしてから、テキストエディタ(Notepadなど)に貼り付け、テキストファイルとして保存して下さい。


オペラ

 

ステップ1:「Developer tools」を開いて下さい。

 

ページで任意の場所を右クリックし、オプションから「Inspect element」を選択します。

 


ステップ2:「Console tab」にスイッチして下さい。

 

 


ステップ3:ログを保存して下さい。

  • オプション1:

下記に示すように、コンソールコンテンツの任意の場所を右クリックして、名前を付けて保存するボタンを選択します。

 

 

ファイルを保存して下さい。


  • オプション2:

保存したファイルにデータが表示されないと、コンソールログをコピーして、テキストエディタ(Notepadなど)に貼り付け、テキストファイルとして保存して下さい。


ステップ4:保存したファイルをサポートチームに送信して下さい

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。