ライブ ミーティング トランスレート(ステージ用)

First of all: this is Workaround. A little trick on how you can organize an event in several languages.

 

例えば、Language1からLanguage2へ翻訳したいとします。 Your speaker speaks Japanese (for example), and you have an interpreter.
2カ国語イベントの方法は2つあります。

 

方法1

Language1のスピーカーはStage1です。

Stage 2のLanguage2でこのスピーカーの映像が必要です。

インタプリタは、2つのアカウントでSpatialChatにログインする必要があります。 メインアカウントからはStage2、セカンドアカウント(ブラウザのシークレットモードなど)の力を借りて、リスナーとしてStage1にいる必要があります。

mceclip1.png
mceclip0.png

 

次に、ステージ1からステージ2までの映像を翻訳して共有します。 その方法を紹介します。

通訳者は、ステージ1のセカンドアカウント(リスナーとして)から、フルスクリーンモードに入る必要があります。 その後、alt-tabでメインアカウントのある別のウィンドウに切り替えることができる。
1.gif.
すると、通訳者(メインアカウント、Stage2)は、そのセカンドアカウント(Stage1)とウィンドウを共有する必要があり、Stage2にはStage1のウィンドウが音声なしで表示され、通訳者はリアルタイムで音声による翻訳ができるようになります。

2.gif
方法2

  1. クリエイトステージ1(Language1)
  2. クリエイトステージ2(Language2)
  3. スピーカーにステージ1へ進むように指示する
  4. スピーカーにシークレットモードで別のウィンドウを開いてもらい、ステージ2へ進む
  5. ステージ2で講演者にマイクを切ってもらう
  6. 通訳者にステージ1の部屋(ステージに上がる必要はなく、リスナーとしてこの部屋にいれば十分)にインコグニートモードで入ってもらう。
  7. 通訳の方に、スピーカーとしてステージ2に行ってもらい、通訳してもらう。

ステージ1の音を受け取った翻訳者が、ステージ2の聴衆のために別の言語を話すことができるというものです。

If the speaker wants to share the screen, they can do it at two browser windows.

複数のスピーカーがある場合は、この方法も有効ですが、2つのステージを経由する必要があります。

この記事は役に立ちましたか?
5人中4人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。