Mac、Windows、Linux、およびChromeでDNSキャッシュをクリーンアップする方法

- macOS.
- Windows .
- Linux.
- Google Chrome.

macOS

Mac で DNS キャッシュをクリアするには、ターミナルと呼ばれるネイティブのコマンド ライン インターフェイスを開き、適切なコマンドを実行する必要があります。 このプロセスは、使用しているmacOSのバージョンによって異なります。

使用しているバージョンがわからない場合は、デスクトップの左上にある「リンゴ」アイコンをクリックし、次の項目を選択します。 このMacについて このMacについて このMacについて!

Screen_Shot_2022-03-01_at_14.02.05.png

現在のバージョンは、最初に表示される情報です。

Screen_Shot_2022-03-01_at_14.03.39.png

これらの情報が分かれば、以下の関連するステップを踏むことができます。

- macOS El Capitan(10.11)、Sierra(10.12)、High Sierra(10.13)、Mojave(10.14)、Catalina(10.15)。

macOSバージョン10.11以上の場合、Go > Utilities: をクリックしてコマンドラインインターフェイスを開いてください。

Screen_Shot_2022-03-01_at_14.06.47.png

次に、端末を選択します。 開いたら、以下のコマンドを実行してください。

sudo killall -HUP mDNSResponder.

パソコンのパスワードを入力する画面が表示されます。

Screen_Shot_2022-03-01_at_14.12.24.png

そうすると、DNSキャッシュがクリアされるはずです。

- macOS Yosemite (10.10)

どのmacOSのバージョンでも、上記と同じ方法でTerminalにアクセスすることができます。 Yosemite(10.10)では、ウィンドウが開いたら、以下のコマンドを実行してください。

sudo discoveryutil udnsflushcaches です。

コンピュータのパスワードを入力すると、DNSキャッシュが正常にフラッシュされるはずです。

- macOS Lion(10.7)、Mountain Lion(10.8)、Mavericks(10.9)。

macOSバージョン10.7〜10.9の場合、ターミナルを開いて以下のコマンドを実行し、DNSキャッシュをクリアしてください。

sudo killall -HUP mDNSResponder.

このコマンドは、バージョン10.11以降で使用されているものと同じであることにお気づきでしょうか。 パスワードを入力して実行します。

- macOS Snow Leopard (10.6)

macOS Snow Leopard(10.6)をお使いの場合、Terminalを開いて次のコマンドを入力してください。

sudo dscacheutil -flushcache です。

その後、パスワードを入力すると、DNSキャッシュのクリアが完了します。

- macOS Leopard (10.5)

最後に、macOS Leopard(10.5)をお使いの方は、Terminalで以下のコマンドを実行してください。

sudo lookupd -flushcache です。

パスワードを入力すると、DNSキャッシュがフラッシュされるはずです。

DNSキャッシュをクリアすることも、ERR_SPDY_PROTOCOL_ERROR を修正するための解決策です。

 

WINDOWS

WindowsコンピュータでDNSキャッシュをフラッシュするのは、非常に簡単です。 ここでは、Windows 10、8、7、XPでこのタスクを実行する方法を説明します。

- Windows 10

Windows OS で DNS キャッシュをクリアするには、 システムのコマンド ライン インターフェイスであるコマンド プロンプトを開く必要があります。 Windows 10では、スタートボタンをクリックすることでこのプログラムにアクセスできます。 そして、Windows Systems > Command Prompt に移動してください。

 

コマンドプロンプト-1.png

コマンドラインインターフェイスが開いたら、次の行を入力します。

ipconfig /flushdns

このコマンドは、DNSキャッシュが正常にフラッシュされたことを確認するために返されるはずです。

success-message.png

その後、コマンドプロンプトのウィンドウを閉じてください。

- ウィンドウズ8

古いバージョンのWindowsでDNSキャッシュをクリアするには、同じコマンドipconfig /flushdnsが必要です。 ただし、コマンドプロンプトにアクセスする手順は、バージョンによって若干異なります。

Windows 8の場合、アプリ画面を開きます。 右端にあるWindows Systems を探し、Command Prompt を選択します。

プログラムが開いたら、ipconfig /flushdnsを実行します。 DNSキャッシュが正常にクリアされると、確認メールが届きます。

- Windows 7とWindows XP

Windows 7またはWindows XPの場合、スタートボタンをクリックします。 All Program > Accessories に移動し、Command Prompt を選択します。

コマンドラインインターフェイスで、ipconfig /flushdnsを実行します。 DNSキャッシュがフラッシュされると、確認メッセージが表示されます。

 

LINUX

LinuxマシンでのDNSキャッシュのフラッシュは、MacやWindowsコンピュータで行うプロセスとかなり似ています。 その方法をご紹介します。

- ウブントゥ

Linuxは、macOSと同様に、コマンドラインインターフェースとしてTerminalを使用しています。 デスクトップ左上のActivitiesをクリックすると、検索バーが表示されますので、そこで「ターミナル」と入力して、プログラムを探して起動してください。

コマンドラインインターフェイスが開いたら、次のコマンドを実行します。

sudo systemd-resolve --flush-caches...

すると、Terminalがパスワードの入力を促します。 コマンドの実行とDNSキャッシュのフラッシュを終了するには、このコマンドを入力してください。

- その他の分配金

Ubuntu以外のLinuxディストリビューションをお使いの場合は、コマンドラインインターフェイスを開き、次のコマンドを実行することで、DNSキャッシュをフラッシュすることができます。

sudo /etc/init.d/dns-clean start.

コマンドを実行すると、キャッシュがクリアされるはずです。

 

GOOGLE CHROME

最後に、冒頭で述べたように、OSのDNSキャッシュではなく、ブラウザのDNSキャッシュをクリアする原因がある場合があります。 Google Chromeの場合、アドレスバーに以下を入力することで可能です。

chrome://net-internals/#dns

次に、Clear host cache ボタンをクリックします。

Screen_Shot_2022-03-01_at_14.59.54.png

これで、ChromeのDNSキャッシュがフラッシュされるはずです。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。